日々と珈琲と前向き後ろ向き

安直だけど純粋さが胸を打つのです

ロザリータ ~匿名を使って貴方を歌うよ僕のロザリータ~

突然ですが、失恋はつらいですよね。

未練タラタラになる派ですか?さっぱり派ですか?

未練タラタラになると引きずりますよね。笑

そんな失恋をして未練タラタラな男を描いた曲

Mr.Childrenロザリータを解説していこうと思います。

この曲は16枚目のアルバム SENSE の7曲目に収録されております。

 

この曲はミスチルの恋愛ソング(失恋ソング)の中でもトップを争うくらい好きですので、書き連ねさせていただきました!

 

それでは解説をしていきましょう😊

ーーーーーーーーーーーーーー

あまりリアル過ぎぬように いつの日か笑えるように
君の名は伏せるよ 匿名を使って

いつの日か、この行き場のない気持ちも「こんなこともあったなぁ」と笑いたい。のでしょう。

とても愛していたが故に今はまだその人の名前は出したくないんです。代わりに

匿名を使ってその人を表していきます。

 

積み重ね合う嘘 つじつま合わせでもう
抱えきれなくなった荷物降ろした気分はどう?

別れた理由は彼女側に原因があったのでしょう。

別れてみて気付く、色々と辻褄が合ってしまう彼女の'',,の数々。

彼女もそんな'',,の罪悪感から開放されたんでしょう。それに対して「気分はどう?」と問いかけてます。

浮気をしてたのを隠してたんでしょうかね?

深海のアルバムの『虜』を彷彿とさせます。

 

OH 曇った日の海のようにどんより 重く湿って気怠い
君のキスが胸を離れない

曇った日の海のようにどんよりと重く湿って気怠い。なんか、分かりますよね。笑

そのどんよりとした気分の要因が彼女とのキスを思い出してしまうから。

よくキスしてたのか、別れるときにしたのか。

その時の光景が未だフラッシュバックしてしまうんでしょう。

 

ロザリータ 僕のロザリータ
さよならなんて言わないで 恋多き女
ロザリータ 僕のロザリータ

そんな彼女に使った匿名が『ロザリータ』

『ロザリータ』はスペイン語で親しみを込めた「愛しい貴方(女性)」という意味らしいです。

そんな''ロザリータ,,は恋多き女

俗に言う恋愛体質女なのでしょう。

次の男に移ってるかもしれませんが、この男にとっては未だに「''僕の,,ロザリータ」なのです。

別れたことを認めたくない、戻ってきてくれると信じてる。

未練がすごいですね。笑

 

この部屋の鏡に映る退屈な男
君の部屋の鏡ならマシに見えたのに

同じ顔が写るはずの鏡。

なのに鏡のある''場所,,で顔が変わる。

1人でいる自室。彼女がいない日々がつまらないのでしょう。

『君の部屋にいたらこんな寂しい顔してないのに。』

 

もう全てのデータを捨てたはずなのに
どこかで君からの言葉を期待して過ごしている

『もう彼女との記憶は消した』と言う割には

キスを思い出してますよね笑

恋は盲目といいますが、自分の都合の良い解釈をしてしまうのも盲目状態なのでしょう。

そんななか、彼女からの''言葉,,を僅かながらに期待しています。

その''言葉,,は次のサビにあります。

 

ロザリータ 僕のロザリータ
また会いたいって囁いて 愛してるよ
ロザリータ 僕のロザリータ

''また会いたい,,

この言葉を期待して待っているのです。

そんな僕のロザリータ。

まだ愛してますね。やっぱそう簡単に忘れられないのか。。笑

 

甘い言葉 完璧な微笑み そばかす 唇 下品に濡れる果実

 

甘い言葉→微笑み→そばかす→唇→濡れる果実

段々と身体の上から下へいくのがわかりますね。

このCメロは官能的な愛のシーンです。

 

''甘い言葉,,

そんな言葉を聞いたら自分は特別な存在だと感じてしまいますよね。それが現在の未練を増幅させてしまってます。

''完璧な微笑み,,

そんな素敵な笑顔で次の男をもう既に捕まえてしまったのかもしれません。

''そばかす,,

そばかす美人という言葉があります。

実際にロザリータにそばかすがあったのかは分かりませんが、そんな惚れるようなチャームポイントがあったのでしょう。

『ロザリータ』はスペイン語と言いましたが、スペインは紫外線の強い地中海です。

紫外線の問題などでそばかすが多い国民性。

「そばかす美人」という言葉があるように、そんなスペインやヨーロッパ諸国ではチャームポイントの1つになるそうです。

''唇,,

キス😙

''下品に濡れる果実,,

ミスチルのエロティック全開な歌詞。

Youthful daysの「花弁を撫でてたろう」と同じような比喩表現ですね。笑

 

ロザリータの身体を上から五感全てで感じとるとうな官能的な歌詞。エロかった。

 

OH 曇った日の海のようにどんより 暖かくて凍えそうな
君の肉体(からだ) 胸を離れない

2度目の曇った海の表現が出ました。

「湿って気怠い」から「暖かくて凍えそう」に。

暖かくて凍えそうとは何でしょう?

『君の肉体 胸を離れない』という歌詞の通り、

先程のCメロをまだ引きずってます。 

 

''曇った日の海のようにどんより,,は

彼女の汗、自分の汗での部屋は湿っぽい暖かさ。心もきっと暖かいです。

こんな風にひどく蒸し暑い日 と同じような状況ですね。

けれど今は1人。曇った日のようにどんよりとした心と、1人きりという凍えそうなくらいの寂しさ、悲しさ。夜になると余計に人肌恋しくなりますよね。

 

ロザリータ 僕のロザリータ
さよならなんて言わないで 恋多き女
ロザリータ 僕のロザリータ
また会いたいって囁いて 愛してるよ
ロザリータ 僕のロザリータ

そんな夜の営みを思い出してしまったら余計に未練が出てきてしまいます。

「さよならなんて言わないで」

「また会いたいって囁いて」

「愛しているよ」

悲しいくらい届かない言葉ですね。

未だにロザリータは僕のロザリータだと思っている、願っているのが何とも悲しいですね。

 

あまりリアル過ぎぬように いつの日か笑えるように
君の名は伏せるよ 匿名を使って
君を歌う ロザリータ

冒頭での歌詞とここの歌詞は意味が違うように見えます。

 

''あまり現実的(リアル)になりすぎないように,,

ロザリータが去った現実を受け入れたくないので『また会いたい』と囁いてきてくれるのを未だ夢見てここまで書き連ねたように見えます。

 

 

何故匿名を使うのか。

彼女がそれは戻ってきてくれた時に

『ロザリータ』(愛しい女性)

という言葉を使ってこれだけ貴方のことを想っていたからだよ。

と伝えたいから。

 

そんな日に

一緒に笑えるように。

 

 

「そんな君への愛を語った歌を作ったからいつでも戻ってきていいよ。僕のロザリータ」

 

ーーーーーーーーーーーーーー

ロザリータは去っていった彼女への未練と、「戻ってきてくれる」と僅かに願った男の悲しい曲だと思ってましたが、考察をしてみて、もしかしたらハッピーエンドも有り得るのかなと感じてしまいました。

 

ロザリータが戻ってきて、この曲を聴かせ、2人で笑いあってる姿が見てみたくなりました。

 

途中、官能的な歌詞にこれ以上深入りしたくない!と思って適当になりました。笑

お許しください。笑

 

視聴ありがとうございました!

ロザリータ

ロザリータ