友と珈琲と自由気まま

安直だけど純粋さが胸を打つのです

ミスチルのライブDVDオススメをまとめてみた!

こんにちは。

今回はMr.ChildrenのライブDVD個人的オススメベスト5を紹介していきます。

1枚1枚とても素晴らしいライブなのでランキング付け難いですが決めてみました。

ミスチルのライブDVDに興味ある人は参考程度に読んでいただければ嬉しいです。

それでは第1位から紹介していきます。

 

 

 

 

☆第1位☆

Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME

  1. OPENING
  2. ラヴ コネクション
  3. Dance Dance Dance
  4. Worlds end
  5. MC
  6. HANABI
  7. ロードムービー
  8. 風と星とメビウスの輪
  9. ALIVE
  10. LOVE はじめました
  11. Monster
  12. ニシエヒガシエ
  13. CANDY
  14. Simple
  15. Drawing
  16. 彩り
  17. fanfare
  18. 箒星
  19. 名もなき詩
  20. エソラ
  21. 終わりなき旅
  22. 365日
  23. and I love you
  24. GIFT
  25. END ROLL

 

ナカケーが「SUPER MARKET FANTASYの曲やらなくていいの?」と戸惑いを隠しきれなかったほどスパファンの曲が入っていない(5曲のみ)。

このライブのいい所は何よりそんなセトリ!

 

・久々の曲が満載!

ラヴコネクション…10年振り ロードムービー…8年振り

ALIVE…7年振り Drawing…7年振り

 

・盛り上がるところ、穏やかなところの切り替えが素晴らしい

初っ端の盛り上がりは勿論のこと、

LOVEはじめました→Monster→ニシエヒガシエ

がアツすぎる!

その熱をゆっくりゆっくり低音にさせてゆくような

CANDY→Simple→Drawing→彩り

というしっとりした名曲の連続。優しい気分になれる。

 

・MCが面白い

ライブの日がクリスマスということもありサンタのコスプレをした観客から「メリークリスマス!」という声が上がる。それに対して

「分かってるよ。サンタさんが多いよ。……まだそんな気分にはさせない!」(可愛すぎか!)

Simple演奏前のMCを観客が一切聞いてくれないことに対して「先生!誰も僕の話を聞いてくれません~」(可愛すぎか!)

 

・オススメポイント

LOVEはじめましたのイントロが原曲のまま流される

LOVEはじめましたの打ち込みとMonsterのイントロが重なって始まる

Simpleで「探してたもんはこんなSimpleなもんだったんだ」の合唱

彩りの1番のみ合唱。桜井さんはハモリに回る。

 

レア曲が多く、アルバム曲のみのベスト盤と言われても過言ではない様なセトリ内容。それに見合った演奏や掛け合いがとても良い、ファンなら好きであろうライブです。

 

 

第2位

Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-

  1. OPENING
  2. かぞえうた
  3. Prelude
  4. HOWL
  5. 未来
  6. I'm talking about Lovin'
  7. innocent world
  8. MC
  9. Replay
  10. 君が好き
  11. MC
  12. Mirror
  13. I
  14. CENTER OF UNIVERSE
  15. SE
  16. 365日
  17. ハル
  18. ロックンロールは生きている
  19. ニシエヒガシエ
  20. Everything is made from a dream
  21. 風と星とメビウスの輪
  22. HERO
  23. 擬態
  24. エソラ
  25. ENCORE
  26. fanfare
  27. 星になれたら
  28. Tomorrow never knows
  29. かぞえうた
  30. 終わりなき旅

 

 

東日本大震災後のライブということでセトリが東日本大震災を意識したものが多くなっている。

 

・震災復興を意識したセトリ

かぞえうた や 未来、Mirror 、Everythings is made from a dream、風と星とメビウスの輪や、アンコールでの星になれたら Tomorrow never knows 終わりなき旅などは震災復興を願ったセトリと感じる。Mirror披露の際に「我々は184曲を世に出していますが、1曲でも皆さんの辛いとき、苦しいときに寄り添ってくれる曲があってくれればいいなと思ってます。」と言って披露された。

 

・最終公演 宮城までの元気リレー

最終公演の宮城へ、観客みんなで次々と花を咲かせる(震災の事もありウェーブとは言わないようにしてるが)ビデオ撮影をする。撮影者は桜井さん。普段のライブとは違う姿の桜井さんが見れる。

 

・曇りから雨になってゆく天気

桜井さんも序盤のMCでは「今日は6時から雨という予報ですが…」そして雨が降り、「天気予報ってすごいね。笑」

これは自分の勝手な捉え方だけど、この雨が東日本大震災の凄惨さを表す涙、それを洗い流してくれるみたいな(?)雰囲気を醸し出してて好き。

 

・オススメポイント

未来の1番サビ「生まれたての僕らの前にはただ果てしない未来があって」のところで桜井さんの後ろからスタジアム全体、そして果てしない空を映し出すカメラワークが最高。完全に曇り空だけどこれもまた良い。笑

ハルの大サビで会場が桜色に染まる

かぞえうたが披露された瞬間に観客も察して会場が静かになる

アンコールでのかぞえうたからの終わりなき旅。

これがやばい。本当にやばい。

メンバー全員が力強く、力強く演奏するかぞえうた。正直アンコールも4曲目だしこれで終わりだと思ってた。だけどここでMCが入る。

「それじゃあ最後の最後に、消えない希望と終わらない夢をこの曲に乗せてお届けします。」

初めて見た時は「SENSEライブだしPrelude?でも披露されたもんなぁ。Forever?でもForeverは失恋ソングだもんなぁ」と頭がフル回転してる中で始まった 終わりなき旅。

DVDといえど鳥肌が止まらなかった。

原曲に近い形で披露され、桜井さんもナカケーも本気で、全ての情熱を捧げて弾いている。

桜井さんも笑顔ナシの本気モード。

「ただ未来へと…未来へと…夢を乗せて」

一歩下がり、桜井さん叫ぶ!雨に濡れながら雄叫びを魅せる!

そして大サビへ入る。そこがカッコよすぎる。

見てない人は是非、その目で見て欲しいです。

 

SENSE in the field は何度も言ってますが震災に対しての想いや復興を祈り願ったライブだと思います。最後とても語りましたが、この終わりなき旅はヤバイので是非その目で。笑

 

 

第3位

Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001

  1. その向こうへ行こう
  2. 光の射す方へ
  3. ニシエヒガシエ
  4. 終わりなき旅
  5. Heavenly kiss
  6. クラスメイト
  7. ロードムービー
  8. 抱きしめたい
  9. Surrender
  10. つよがり
  11. 十二月のセントラルパークブルース
  12. スロースターター
  13. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
  14. 名もなき詩
  15. CENTER OF UNIVERSE
  16. NOT FOUND
  17. Everything is made from a dream
  18. Hallelujah
  19. 友とコーヒーと嘘と胃袋
  20. 口笛

 

全体的にロック調。桜井さんの色気が凄まじいこのライブ。男の自分ですら惚れそうになる。笑

Qのアルバム自体、周りの視線を一切無視した、当時のミスチルが作りたいがままの音楽になってるらしいので、それがライブにも反映されたんですかね。

 

・全体的にロック調

1曲目の その向こうへ行こう から 4曲目終わりなき旅

11曲目 十二月のセントラルパークブルース から15曲目 CENTER OF UNIVERCE 

Enc. 友とコーヒーと嘘と胃袋

と比較的他ライブに比べて盛り上がる曲が多い。

ライトもバリバリテカテカさせていてカッコイイ演出。

 

・バラードはセクシーに

Heavenly Kissやクラスメイト 抱きしめたい Surrender つよがり などのバラードは桜井さんの色気がムンムン。特にHeavenly Kissが個人的にお気に入り。

 

・曲の繋ぎが素晴らしい

Heavenly Kiss→クラスメイト

everybodygoes-秩序のない現代にドロップキック-→名もなき詩

これらの繋ぎが本当に素晴らしいです。

Heavenly Kissのムードを壊さずにクラスメイトへ移行。

everybodygoesのアップテンポなロック調のまま突然不意に始まる名もなき詩。鳥肌モノの繋ぎです。

 

オススメポイント

1曲目 その向こうへ行こう の入り

友とコーヒーと嘘と胃袋で桜井さんが筋肉を魅せつける。セクスィ。ライブオリジナルの「例えばそれは突然訪れる悲しみ 例えばそれは突然巻き起こる天変地異」という所も見もの。

 

この1曲が特別素晴らしい!とかではなく全体で楽しめる。ロックで、時にはセクシーな桜井さんを存分に味わえるこの頃ならではの1枚。

言わずもがな、NOT FOUNDや口笛、Hallelujahも素晴らしいです。(一切触れてない)

ファンの間でもかなり評価されてる1枚。

繋ぎや楽曲アレンジが素晴らしいので是非。

 

第4位

Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012

  1. OPENING
  2. エソラ
  3. 箒星
  4. youthful days
  5. LOVE
  6. GIFT
  7. Everything (It's you)
  8. <MC>
  9. デルモ
  10. End of the day
  11. 終わりなき旅
  12. Printing ~ Dance Dance Dance
  13. ニシエヒガシエ
  14. フェイク
  15. <SE>
  16. 365日
  17. しるし
  18. <MC>
  19. くるみ
  20. Sign
  21. <MC>
  22. 1999年、夏、沖縄
  23. ロックンロールは生きている
  24. Round About 〜孤独の肖像〜
  25. Worlds end
  26. fanfare
  27. innocent world
  28. <ENCORE>
  29. ラララ
  30. 彩り
  31. 光の射す方へ
  32. overture ~ 蘇生
  33. 祈り 〜涙の軌道
  34. <END ROLL>

Mr.Childrenメジャーデビュー20周年を記念したライブツアー。

ベスト盤Micro Macro発売にちなんだベスト盤に相応しいセトリになっている。

タイアップ曲も多く、この頃のミスチルに慣れてる人やミスチルにあまり詳しくない人にはオススメの1枚。

 

・全体的に有名で盛り上がる曲ばかり

イントロを聴いて歓声があがるものがとても多い。あまりミスチルを知らなくても人気ドラマのタイアップやCMソングなどが沢山あるから反射的に喜べるセトリ。

 

・全体的にポップなライブ

ライブのタイトル通り、ロックとかってよりもポップ路線なライブになっている。桜井さんも笑顔で歌ってるような感じ。笑

 

オススメポイント

・ なんと言っても1曲目のエソラ。盛り上がりが最高潮のところで流されるエソラのライブイントロ。観客の声で音が小さく聞こえるくらいに歓声がすごい。誰でも興奮間違いなしの出だし。

ライブツアー初披露となる デルモ。こんな大きな会場で出す機会が一切無さそうなB面曲をここで出してくることに特別なライブであることを感じさせる。

くるみ披露時、桜井さん「ねぇ…」 観客「おおおお!!(歓声)」 桜井さん「……今のでわかるの?」

上のセトリには書いてないが、アンコールで当時新曲で製作途中であった 常套句 が桜井さんの弾き語りで披露される。「まだ登録してないんだからパクッたりしないでね笑」。ライブでは貴重な場面。

 

このライブは他ライブに比べ、変化球やクセがあるわけではないが、THEミスチルライブという意味ではダントツで見やすい。

ベスト盤は聴いてみた!みたいな方には是非ともオススメしたい1枚。

 

第5位

Mr.Children Stadium Tour 2015 未完

  1. Prologe
  2. 未完
  3. OPENING
  4. 未完
  5. 擬態
  6. ニシエヒガシエ
  7. 光の射す方へ
  8. CHILDREN'S WORLD
  9. MC
  10. 運命 
  11. FIGHT CLUB
  12. 斜陽
  13. I Can Make It
  14. MC
  15. 忘れ得ぬ人 
  16. MC
  17. and I love you
  18. タガタメ
  19. SE
  20. 蜘蛛の糸
  21. REM
  22. WALTZ
  23. フェイク
  24. ALIVE
  25. SE
  26. 進化論
  27. 終わりなき旅
  28. 幻聴
  29. 足音 〜Be Strong
  30. ENCORE
  31. I wanna be there 
  32. overture〜蘇生
  33. fantasy
  34. Tomorrow never knows
  35. innocent world
  36. ENDING
  37. Starting Over
  38. END ROLL

 

全23曲あるREFLECTIONのアルバムから出されたライブなだけあってREFLECTIONの曲が多い。豪雨のなか行われたライブなだけあって雨もいい演出になってる(気がする)。

 

・ロックとバラードがとても程よい

ポップよりもロック寄りなこのライブ。ニシエヒガシエや光の射す方へも去ることながらREFLECTIONから、FIGHTCLUB 斜陽 REM WALTZなども序盤で凄まじい盛り上がりを魅せる。それを上手く調和させる忘れ得ぬ人、蜘蛛の糸、タガタメ、and I love youなどの穏やかな曲達。

 

・愛とは想像力

Mr.Childrenの 愛 は色んな意味がある。

恋人が好きな 恋愛。家族が好きな 家族愛。親と子の親子愛。(時には性愛も。笑)

そんな 愛 の反対語は 恨み?無関心?

そもそも 愛 とはなんなのか。

桜井さんの中の見解では「愛とは想像力」。

そんな愛にまつわる話を珍しく桜井さんがMCでしてくれます。その後に披露されるand I love you タガタメが最高なのでMC込みで聴いてみてください。

 

・終盤の名曲オンパレード

Thanksgiving25にも収録された進化論始め、最後までずっと名曲が連なる。

I wanna be thereでは観客みんなでスマホライトを照らしてとても良い演出になる。

※普段のライブでスマホライトはNGです。

 

オススメポイント

光の射す方への「夏休みのある小学校時代に帰りたい」の部分、このライブが1番カッコイイ。そしてラストの花火が最高。

20年振りの披露となり映像化は初のCHILDREN'S WORLD 。かなりレア曲。荒削りが見えるこの曲を今の桜井さんが歌っていることがとても新鮮に感じる。

フェイクの「ただ腰を振り続けるよ」で腰を振る桜井さん。エロい。

waltzのCメロでドレスを着た女性が踊ってるホログラムがミニステージに流れる。

上にも書いた通り、I wanna be thereのスマホライトの演出。(※この曲の時だけ特別に使用許可が出たのであって普段はアンコール時も使用禁止)

 

セルフプロデュースとなったミスチルの進化を感じとれるライブ。ライブ定番曲が多めだと思うが、一つ一つが力強く最高のパフォーマンスになっているのでREFLECTIONが好きな人は勿論、小林武史ミスチルに慣れてる人にも是非見てもらいたい1枚。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

とりあえず5位までを書いてみました!

それぞれ好みは分かれると思いますが、参考程度にしてもらえれば嬉しいです。

また時間とやる気があればその他のライブDVDの感想も書いてみようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!